はいふり批評27 他人の作った料理にダメ出しをする女たち

何を食べているのか言ってみたまえ、君がどんな人間か当ててみせよう。

――ジャン・アンテルム・ブリア=サヴァラン「美味礼讃」

「私の書くはいふり批評はここで終わりとなる」とか言っていた気がするが、ちょっと書きたいことが出てきたので再開する。終わるとか続けるとか宣言せずに、気になることがあったら書き出すスタンスにしようと思う。うん、そうしよう。

今回やろうとしているのは作品の中に出てくる料理に着目したものである。はいふりにはいろいろな料理が出てくる。その料理、あるいは料理に対する反応に着目してみたいと思う。

続きを読む

最近見たアニメについて(2021/07/29)

はいふり批評をやり始めてから以前のようにアニメを見て一話一話感想を上げることが無くなったが、やはり感想を書き留めておかないとスゴイスピードで忘れていくので、書き留めておこうと思う。

特に最近はdアニメストアを活用し始めたので、見ている作品が多くなった。流石に1話1記事はきついので、まとめて書いてしまう。

続きを読む

はいふり批評26 日本が生んだはいふりというアニメについて

ハイ、ではみなさん、ハイ、御一緒に――
テムポ正しく、握手をしませう。

――中原中也「春日狂想」

今回は、脱構築批評を試したときに言っていた「日本のアニメであるはいふりを批評するための批評理論」について考えがある程度まとまったので形にしたいと思う。

no-known.hatenablog.com

日本人が共通して抱く世界観や価値観を紐解いて、それを批評に応用する。文化人類学の文学批評への応用のようなものだと考えている。おそらく「カルチュラルスタディーズ」と呼ばれるものに近いか、あるいはまったく同じものだが、この辺りの差異は私にはよくわからない。

日本人がどういった精神的構造を持っているかについては、過去様々な人たちが議論してきた。その中でも「部分が全体に先行する傾向」「大勢順応主義」について今回は俎上に載せて考えたい。

続きを読む

新約装甲娘戦機批評 てゆーかほぼ感想

なにが「新約」だこのボケカスぅ!

全知的生命体ははいふりと装甲娘戦機を見てりゃいいんだよ…(1/3の純情な感情)。

今日は装甲娘戦機の主人公リコちゃんの誕生日!誕生日を記念して前回書けなかった装甲娘戦機の良かったところをつらつらと書いていくぞ~。

前回の奴はこれです。

no-known.hatenablog.com

続きを読む

はいふり批評5周年記念編 船と家族の相似形

あんた初めからわしらが担いどる神輿じゃないの

組がここまでなるのに誰が血ぃ流しとるの

神輿が勝手に歩けるいうんなら歩いてみいや

――仁義なき戦い

はいふり放送から5周年おめでとう!

なんかやろうと思ったけどなんもやることが思い浮かばんので、いつものように批評を一個投稿することにしましたとさ。

特定の批評理論で云々ではないのだが、はいふりを見ていて漠然と思っていたことを文章に落としてみたいと思う。

続きを読む