読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福岡に行ってきた

今年のゴールデンウィークに福岡に行ってきました。目的は当然『スケッチブック〜full color's〜』の聖地めぐり。
もう四年半前のアニメになってしまったんだね。。。




まず一日目、東京〜福岡の新幹線に乗りながら計画を立てて、志免の炭鉱竪坑櫓を見ることに決定。

博多駅から乗り継いで酒殿駅で降りる。この時点で竪坑櫓は見えていたので、歩きで向かうことに決定。約20分ほど歩いたところで、志免鉄道記念公園(旧志免駅)に到着。この公園は第5話で空がハーさんに賞味期限切れのシャケを与えていた現場です。




昔はこの駅も竪坑櫓から掘り出された石炭を運ぶために頑張っていたのだろう。


記念公園から近くの丘を上がったところに志免の炭鉱竪坑櫓もあった。スケブではことあるごとに背景に出現していた。ちなみに原作のスケッチブックには第一話で登場したきり一度も出てなかった気がする。



現在は国の重要文化財に指定されている。


一日目は志免だけでいいか、と思っていたが案外時間が残ったので雑餉隈まで行ってサンドリアを撮ることに決定。再び酒殿駅に戻る。


酒殿駅に戻って電車を待っていると地元の女子小学生(あるいは中学生)グループに遭遇。なんとその中の一人が虫大好き!といった感じでダンゴムシやらを手に乗せ他の友達と話していた。当然スケブファンの俺は栗原先輩の顔が真っ先に頭に浮かんだ。実際にあんな子がいるとはね。


それはともかくやってきました雑餉隈駅。ところが・・・

四年半の月日は残酷だった・・・なんとサンドリアが閉店していたとは・・・。
ここは第3話と最終話で登場していた喫茶店なだけに悲しい。最終話ではしめを飾った場所だったのに。


しょぼくれても仕方ないので、一日目はここで聖地めぐりを終えた。
さて、二日目。この日のお目当ては「太宰府高等学校」。


まずは太宰府高等学校ということで、西鉄 二日市駅下車。ここもスケブに背景として使われている。第6話、俺が一番好きな話。



アニメと同様。この駅から太宰府高等学校行きのバスが出ている。
太宰府高等学校。スケブのキャラが通っている学校の元となった学校。そしてスケッチブック原作者小箱とたんの母校でもある。




うん、まさにスケブに描かれたそのまんま、といった感じ。学校という性質上、この距離からの撮影が限界だったので第6話で出てきた校門は残念ながら撮影できなかったが、十分満足させてもらった。


今回は時間がなくてできなかったが、本当なら第4話の舞台である山の方にも行ってみたかった。まあ、またの機会にしよう。