最近見たアニメについて(2022/02/27)

今月は宇宙っぽいのを中心に見てたな。

キディ・ガーランド

前月見たキディ・グレイドの続編である。前作よりもより「バディもの」という部分を強調している作りになっていて、ラスボスや敵幹部たちの末路に関してもそれをふまえた結果になっている。前作主人公の使い方も良かったし、続編としても単品の作品としても素晴らしい出来だった。

妄想科学シリーズ ワンダバスタイル

人類は月に行っていなかったんだ。だから自分が月に行く!という九十九博士とその月でライブを開いて人気者になろうとするみっくすJUICEを中心に繰り広げられるトンデモ科学アドベンチャー、って感じだった。ほとんどギャグだけど、みっくすJUICEが初めて月面ライブするところはかなり良かった。九十九の「誰も空の上を気にしない、みんな目の前のことばっかりだ」って独白が、インターステラーにも通じててなんか好き。

恋する小惑星(アステロイド

やっぱ宇宙っていいな!宇宙なアニメみたいな!と思って見始めた。タイトルで宇宙系だと思ったんだが、それ以外にも地質学とかの分野もカバーする内容でなかなか面白かった。やっぱり知らないことを知るって素晴らしい。作品としての区切りもいい感じにきれいに終わっていた。そして、想像より百合成分が強かった。