読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロクでなし魔術講師と禁忌教典  LectureⅥ「邪悪なる存在」

ロクでなし魔術講師と禁忌教典第六話見ました。

 グレンは女王の真意を知るべく、女王の元へと走る。そこに現れたのはかつての同僚アルベルトとリーエルであった。2組の戦いをアルベルトとリーエルにまかせ、グレンはルミアと共に女王の場所へと急ぐ。システィーナの奮闘もあり、2組はついに優勝を果たすのであった。優勝した組は女王陛下から直々に賞を与えられる、2組の代表としてアルベルトとリーエルが壇上に上がった時、グレンの魔術が解かれた。なんと、今まで2組で指揮をとっていたのはアルベルトではなく、魔法で変化したグレン本人だったのだ。

 

なんとしても女王陛下の前に来いってのはグレンのマジックキャンセラーの範囲内に入れば何とでもできるからなんだな。グレンの魔法って魔術起動の封殺だから、すでに起動済みの結界は消えないってわけね。状況によっては役に立たない可能性もあるな、この魔術。