読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

双星の陰陽師 第44話「愛すれど遠くFAREWELL,MY PRECIOUS」

双星の陰陽師 第44話見ました。

 次第に体が動くようになってきた紅緒。その胸の中には悠斗の語った「ろくろは穢れ」という言葉が消えずに蠢いていた。ひさびさに外出し、ろくろに会いに行こうとする紅緒だったが、であった途端にろくろは用事があると言って紅緒の前から去ってしまう。ろくろは、ある決意を抱いていた。その決意から、紅緒の元を去り、悠斗のいる天御柱へと向かう。ろくろは、悠斗と一対一で決着をつけるつもりなのだ。

 

現状対抗できそうなのが破星王しかいないからそうなるわな。レゾナンスでどうこうできるレベルをとっくに超えちゃってるし、これでダメなら他のどの手段でもダメだろうって感じだ。でも、物語的に破星王で勝っちゃうわけがないから、そこの落としどころをどう持っていくかが構成の見せどころってところだな。