読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪ウォッチ 第142話 「妖怪カンペちゃん」「妖怪テンパるンバ」「激写!不思議マガジン「ヌー」ジャージーデビル編」

妖怪ウォッチ 第142話見ました。

 授業中に読書感想文の発表を求められたカンチが突然大げさにテンパってしまう。同じようにテスト中のクマも大げさなテンパりを見せる。なにかおかしいと思ったケータが妖怪ウォッチを使うとそこには妖怪「テンパるンバ」がいた。とにかく人をテンパらせてしまうその妖怪は、ダンスコンテストに出るペアが見つからずに自分自身もテンパっていた。そこでケータは花子さんを呼び出してダンスのペアを探してもらおうとするが、なんとテンパるンバが花子さんに一目ぼれをしてしまうのだった。

 

俺も大勢の前に出たら今でもテンパると思う。でも、最近てんでそういうことがないから、イマイチ実感が分からない。あ、でもちょっと前に会社の定例会の司会をやったことがあったか、あんまりやることなかったけどね。